「つくし」プロジェクト

日本古典籍と生成AIを組み合わせ、過去の文化と現代の人々との距離を縮めるAIを開発します。 [もっと詳しく..]

生成AIチャット

日本古典籍との生成AIチャット(試行版)

IIIF Tsukushi Viewerの生成AIチャット機能は、「AIを使いながら日本古典籍を読む」を実現するものです。古典籍の閲覧に用いられてきたIIIF (International Image Interoperability Framework)の世界に、大規模言語モデル(LLM)や大規模マルチモーダルモデル(LMM)などの生成AIを接続し、日本古典籍へのアクセス性を向上することを目指します。

生成AIチャットを体験するには、以下のつくしサーチから検索するか、日本古典籍データセットの個別の本のページからIIIF Tsukushi Viewerのリンクを探してください。

つくしサーチ(試行版)

つくしサーチは、日本古典籍データセットを対象としたテキスト検索サービスです。検索結果からIIIF Tsukushi Viewerを立ち上げることで、生成AIチャットが利用できます。

初期のプロトタイプ

AI自動テキスト化/翻訳実験

参考文献

  1. 北本 朝展, 本間 淳, カラーヌワット タリン, "IIIF Tsukushi Viewer: 日本古典籍へのアクセス性を向上させる生成AIチャット機能", 情報処理学会技術報告, 2024年7月

関連ページ

  1. 歴史ビッグデータ

ニュース

2024-07-18

日本古典籍との生成AIチャット機能を備えたIIIF画像ビューア、 IIIF Tsukushi Viewer(試行版)を公開しました。同時に公開したつくしサーチ(試行版)を活用すると、日本古典籍データセットのくずし字OCRテキスト検索から生成AIチャット機能を利用できます。

2023-07-03

このページを公開し、『絵本江戸桜』のプロトタイプを掲載しました。