CODHワークショップ

CODHワークショップは、人文情報学に関連するトピックに関して、比較的少人数の人々が集まって討議や共創を行う場を提供するものです。

CODHワークショップ

人文学研究においても研究のデジタル化と研究のオープン化が進み、研究の方法論も徐々に変わりつつある。本セッションでは様々な視点のオープン化に関する世代を越えた議論を通して、人文学研究に特有の課題を克服し、デジタル&オープンな人文学研究を実現するためのアイデアを出し合う。

コーディネータ:北本 朝展(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)

日時 2018年6月18日(月)11:30~13:00
会場 一橋講堂 中会議場B(2F)
参加登録 公式サイトからの事前申し込みが必要です。参加無料。
企画 北本 朝展(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)
セッション構成 座長による趣旨説明、3件の招待講演の後、ライトニングトークや自己紹介で参加者の交流を深め、最後に参加者全員で議論する。
招待講演

1. 「人文学の検証可能性とオープンデータ」 山本 和明(国文学研究資料館)

2. 「歴史地震研究における異分野連携とシチズンサイエンス」 橋本 雄太(国立歴史民俗博物館)

3. 「歴史学系院生によるオープン・コミュニティの構築:Tokyo Digital Historyの挑戦」 小風 尚樹(東京大学大学院 人文社会系研究科 西洋史学専門分野 博士課程)

「人文情報学」の研究環境にかかる問題の解決に資する情報の共有など、これらに起因する不安や疑問の払拭や解消へ向けた具体的な取り組みへの道筋を探るため、アイディアソンを中心とした参加型の企画を開催します。(CH研究会30周年記念事業)

詳しい情報は第117回 人文科学とコンピュータ研究会発表会のページをご覧ください。

日時 2018年5月12日(土) 15:10-17:10
会場 東京電機大学 東京千住キャンパス
参加登録 参加無料・申込不要です。
主催 情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会
共催 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)
コーディネータ 関野 樹(総合地球環境学研究所)、北本 朝展(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)