IIIF Curation Player

“IIIF Curation Player”は、IIIF Curation Viewerなどで作成したキュレーションを再生するツールである。

キュレーションの要素を自動的にページ送りする再生機能、キュレーション内の要素に対する説明文を画面上に表示する機能、再生速度等を変更する設定機能を提供する。

本ツールは、IIIF Curation Viewerをベースとして、キュレーションのプレゼンテーション用途に特化して機能を加除したツールである。この文章では、本ツール固有の内容を中心に記述する。

目次

動作デモ/活用例

使い方

キュレーションの指定

IIIF Curation Viewerと同じく、GET引数(パラメータ名:curation)の指定により、再生するキュレーションのURLを指定する。

キュレーション表示画面キャプチャ

キュレーション内のキャンバスに説明文が設定されていれば、その内容が画像上に表示される。

説明文の表示は、ドラッグによる位置移動や、右下隅のドラッグによる大きさ変更が可能であり、右上の「×」ボタン押下により閉じることができる。

キュレーションの自動再生

キュレーションの自動再生(自動ページ送り)を行うには、フルページ表示ボタンまたはfキーを押下し、フルページ表示にする。

フルページ表示時に左下に表示される再生()ボタンの押下により、自動再生が開始される。自動再生中は、同ボタンに時間表示がなされる。自動再生中に押下すると、再生が停止する。