差読(Differential Reading)のための画像照合サービス

差読(Differential Reading)とは、2枚の画像の差分から有用な情報を読み取るという、資料の新しい読み方を提案するものです。全体的に類似した2枚の画像に含まれるわずかな違いを見付ける作業は、「間違い探し」というゲームになるほど人間にとって難しい作業ですが、そこに機械による支援を加えることで、これを人間にとって簡単な作業に反転させます。これが差読のアイデアです。

「差読のための画像照合サービス」では、PCの画像ファイルまたはウェブ上の画像URLを指定して任意の2枚の画像を読み込み、画像を重ね合わせ、差分を強調するツールvdiff.js - JavaScript-based visual differencing toolを簡単に体験できるようにしました。木版印刷の異なる版の書籍画像照合などの用途を想定し、vdiff.jsの局所強調比較モードを提供します。

画像照合(ファイル版)

PCに保存した2つの画像ファイルを読み出して照合します。

画像照合(ファイル版)を試す

画像照合(ファイル版)(シンブル版)を試す

画像照合(ウェブ版)

ウェブ上に公開されている2つの画像URLを指定して照合します。

画像照合(ウェブ版)を試す

画像照合(ウェブ版)(シンブル版)を試す

画像照合を試してみる

画像照合(ウェブ版)を、古典籍の異なる版の照合に使ってみましょう。国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている伊勢物語と、CODHで公開されている国文研所蔵伊勢物語との画像照合の例を以下に示します。画像の差分を赤青で強調してみると、二行目と五行目に部分異植字があることがわかります。

嵯峨本『伊勢物語』の部分異植字比較

IIIF画像の利用

IIIF形式の画像の場合、ウェブ版とファイル版の両方が使えます。画像のURLがわかる場合にはウェブ版を使いますが、URLがわからない場合は画像をいったんダウンロードしてファイル版を使うことになります。

IIIF画像のURLを調べるには、IIIF Curation Viewerが便利です。

  1. 画像の全体のURLは、Windows版Chromeの場合、ビューワ画面の「画像ダウンロード(ボタン)」を右クリックして「リンクのアドレスをコピー」を選ぶと取得できます。
  2. 画像の一部のURLは、ビューワ画面の「部分矩形領域指定(ボタン)」を選び、比較したい領域を指定して領域をクリックすると、ポップアップが表示され、その中にURLが表示されます。

このように取得した2つの画像URLを指定すれば、ウェブ版の画像照合サービスが利用できます。

一方、その他のIIIF画像ビューアをお使いの場合は、閲覧中の画像のURLが簡単にわからない場合があります。そのときは、IIIF画像ビューアからPCに画像をいったんダウンロードし、2つのファイル名を指定して、ファイル版の画像照合サービスをご利用下さい。

画像照合のアプリケーション

以下のアプリケーションはいずれもvdiff.jsを活用していますが、比較対象として2枚の画像を選ぶ際の選び方が異なります。どんな画像を照合すると面白いアプリケーションが作れるか、以下の事例を参考に考えてみて下さい。

  1. 武鑑全集差読プラットフォーム - 同一木版から印刷された画像の照合に「局所強調比較モード」を活用
  2. メモリーハンティング - 古写真と現代写真の今昔比較や災害写真のビフォー/アフター比較に「全体変化比較モード」を活用
  3. シルクロード遺跡データベース - 古写真と現代写真の今昔比較に「全体変化比較モード」を活用

参考文献

  1. 北本 朝展, "画像データの分析から 歴史を探る −「武鑑全集」における「差読」の可能性−", 歴史情報学の教科書, 後藤 真, 橋本 雄太 (編), pp. 53-58, 文学通信, ISBN 978-4-909658-12-8, 2019年3月
  2. Asanobu KITAMOTO, "Book Barcoding for Differential Reading -Application to Woodblock Printed Books in the Bukan Complete Collection-", Eleventh Conference of Japanese Association for Digital Humanities (JADH2021), pp. 22-27, 2021年9月 (in English)
  3. 北本 朝展, 藤實 久美子, 本間 淳, "ブックバーコーディング法:版本の差読に基づく「武鑑全集」の網羅的な解析に向けて", 人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2021論文集, pp. (in press), 2021年12月