プロジェクト

プロジェクト一覧

歴史ビッグデータ

歴史ビッグデータとは、人間が書き記した様々な記録に基づき、過去から現在までの環境や社会の状況をシームレスに分析するプロジェクトです。

Edo+150プロジェクト

1867年11月9日、江戸時代の終わりを象徴する「大政奉還」から、歴史は大きく動きました。あれから150年が経過した2017年。江戸時代260年に関するオープンデータが公開されつつあるいま、人工知能(AI)の最新技術なども活用しながら、かつての江戸の情報空間を現代によみがえらせるプロジェクトを始めます。

くずし字チャレンジ!

江戸時代の古典籍はくずし字で書かれていますが、ほとんどの現代の日本人はくずし字が読めません。では人工知能(AI)はくずし字を読めるようになるでしょうか?くずし字に関する大規模な機械学習データセット「日本古典籍くずし字データセット」を広く世界に公開し、AIによるくずし字認識(OCR)の研究開発を促進することで、1000年に及ぶ日本の文字文化を解読するというグランドチャレンジに挑みます。

武鑑全集

江戸時代の200年続いたベストセラーである『武鑑』を網羅的に解析し、江戸時代の大名家や幕府役人に関する人物・地理情報などの中核的情報プラットフォームを構築するプロジェクトです。

華北交通アーカイブ

華北交通の弘報用ストックフォト(華北交通写真)を、華北交通が事業を行っていた交通網とリンクし、写真のテーマや撮影地などから華北交通の活動を探る研究データベースです。

ディジタル・シルクロード

情報学と人文学の協働に基づき文化遺産のデジタルアーカイブを構築する、人文情報学(デジタル・ヒューマニティーズ)のプロジェクトです。

GeoNLP

文章を自動的に地図化するジオタギングシステムを構築する、地理情報処理(GIS)と自然言語処理(NLP)とを統合したプロジェクトです。