伊勢物語惟清抄

古典書写とその研究に業績のあった三条西実隆の『伊勢物語』研究は、いくつか残された講釈の聞書によってのみ知ることができるが、大永二年(一五二二)五月の講釈を儒学者の清原宣賢(一四七五〜一五五〇)が筆記した『惟清抄』は、現在知られる実隆講釈の聞書のなかで最も整い、唯一、伝授の証明としての実隆の奥書を有する。宣賢は、大永二年、天文六年(一五三七)、天文十七年の三度『惟清抄』を書写したが、本書は宣賢自筆の天文十七年本を、寿命院聖碩が天文十九年に書写し、「私云」として自説を書き加えたもの。ただし八十二段「ヤマトウタ」の「私云」は天文十七年本『惟清抄』に元来存する宣賢の注。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第11集】。(青木)

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 183.97 MB)

picture KuroNetくずし字認識サービス

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
DOI DOI: 10.20730/200024622
国文研書誌ID 200024622
統一書名 伊勢物語惟清抄
統一書名よみ いせものがたりいせいしょう
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 伊勢物語惟清抄 いせものがたりいせいしょう 外・帙||2 伊勢物語 いせものがたり 内
オープンデータ分類 日本文学(伊勢物語)
作品通番 773
親子構造 単独
書誌種別 W
コレクションID 3045050
コレクション略称表記 国文研鉄心斎
著作ID 92911
形態 84丁,27.8×20.4cm,大
冊数 1冊
注記 〈形〉卍繋ぎ地紺色表紙。〈奥〉大永2年堯空・天文6年亜槐都護郎・天文17年環翠軒・天文19年聖□(石+貢)奥書あり。〈書〉宣賢書き入れ・朱筆書き入れあり。〈伝〉(印記)「鉄心斎文庫」。
原資料請求記号 98-745
解題 古典書写とその研究に業績のあった三条西実隆の『伊勢物語』研究は、いくつか残された講釈の聞書によってのみ知ることができるが、大永二年(一五二二)五月の講釈を儒学者の清原宣賢(一四七五〜一五五〇)が筆記した『惟清抄』は、現在知られる実隆講釈の聞書のなかで最も整い、唯一、伝授の証明としての実隆の奥書を有する。宣賢は、大永二年、天文六年(一五三七)、天文十七年の三度『惟清抄』を書写したが、本書は宣賢自筆の天文十七年本を、寿命院聖碩が天文十九年に書写し、「私云」として自説を書き加えたもの。ただし八十二段「ヤマトウタ」の「私云」は天文十七年本『惟清抄』に元来存する宣賢の注。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第11集】。(青木)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元であるROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)へのリンクをお願いします。

提供:ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター