伊勢物語

白河藩第三代藩主にして寛政の改革の際には幕府老中筆頭として政治手腕を振るった松平定信(一七五九〜一八二九)の筆写本。小さな料紙に細字で書かれているが、隠居後の定信は同趣の豆本歌書を度々作製しており、掲出本もそのうちのひとつである。用字等が異なるものの本文は塗籠本(伝民部卿局筆本)系統に属する。塗籠本は屋代弘賢『参考伊勢物語』が校本に、塙保己一『群書類従』が底本に用いるなどこの時期注目を集めていた古写本で、定信もそうした周囲の学者達の動向に乗じて書写したのだろう。なお諏訪市博物館の蔵する文化四年(一八〇七)の定信写巻子本伊勢物語の本文は通行の定家本系統に基づく校訂がなされている。牡丹文緞子表紙。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第1集】。(一戸)

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 104.40 MB)

picture KuroNetくずし字認識サービス

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
DOI DOI: 10.20730/200024274
国文研書誌ID 200024274
統一書名 伊勢物語
統一書名よみ いせものがたり
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 伊勢物語 いせものがたり 帙||2 伊㔟物語 いせものがたり 見
書写連番 書写者 書写年 書写表部編等 1 松平/定信 文政6
オープンデータ分類 日本文学(伊勢物語)
作品通番 717
親子構造 単独
書誌種別 W
コレクションID 3045050
コレクション略称表記 国文研鉄心斎
著作ID 157
形態 66丁,7.3c×6.3cm,特小
冊数 1冊
注記 〈系〉塗籠本。〈形〉列帖装,赤紫地牡丹文緞子表紙,金銀泥花蝶霞題下絵見返し。〈奥〉(奥書)「此本は高二位本朱雀院のぬりこめにをさまれりとそ」・「伊勢物語可秘ゝゝ(…)」・業平官歴・「這伊勢物語者京極黄門/定家卿息女民部卿局之/真翰無疑者也/寛文四甲辰初冬/冷泉 左少将為清」・「この書誤字もおほくかなつかひのたかひ/たるいと(多)也みな本書にしたかひて/うつせしなり/文政六年三月十五日/六十六歳楽翁識」。〈伝〉(印記)「鉄心斎文庫」他一種朱印。
原資料請求記号 98-145
解題 白河藩第三代藩主にして寛政の改革の際には幕府老中筆頭として政治手腕を振るった松平定信(一七五九〜一八二九)の筆写本。小さな料紙に細字で書かれているが、隠居後の定信は同趣の豆本歌書を度々作製しており、掲出本もそのうちのひとつである。用字等が異なるものの本文は塗籠本(伝民部卿局筆本)系統に属する。塗籠本は屋代弘賢『参考伊勢物語』が校本に、塙保己一『群書類従』が底本に用いるなどこの時期注目を集めていた古写本で、定信もそうした周囲の学者達の動向に乗じて書写したのだろう。なお諏訪市博物館の蔵する文化四年(一八〇七)の定信写巻子本伊勢物語の本文は通行の定家本系統に基づく校訂がなされている。牡丹文緞子表紙。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第1集】。(一戸)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元であるROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)へのリンクをお願いします。

提供:ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター