伊勢物語

現存している最古の『伊勢物語』写本のひとつ。巻末には藤原定家(一一六二〜一二四一)の奥書(根源本第二系統)が記されているが、その後に「他本」として伊勢と業平の略歴を載せている。定家本の成立や性格を考える上で重要な資料となる本。本文の行間には、定家が加えた勘物(注記)が見られるが、それ以外にもさまざまな注記が加えられていて注目される。これらの奥書・略歴・勘物・独自の注記は、『伊勢物語』の本文や内容についての初期の研究成果であり、当時の読解の姿を示すものとして貴重だが、とりわけ独自の注記は定家以外の人物が記したかと思われ、簡略だが興味深い内容を含んでいる。定家の孫で二条家の祖となった藤原為氏(一二二二〜一二八六)の筆と伝えられる。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第1集】。(山本)

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 260.63 MB)

picture KuroNetくずし字認識サービス

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
DOI DOI: 10.20730/200024135
国文研書誌ID 200024135
統一書名 伊勢物語
統一書名よみ いせものがたり
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 伊勢物語 いせものがたり X
オープンデータ分類 日本文学(伊勢物語)
作品通番 702
親子構造 単独
書誌種別 W
コレクションID 3045050
コレクション略称表記 国文研鉄心斎
著作ID 157
形態 128丁,16.5×16.3cm,枡
冊数 1冊
注記 〈写〉伝二条為氏筆本。〈形〉列帖装,薄茶色地電に梅花格子文金襴表紙,金銀箔散らし見返し。〈奥〉根源本第二系統奥書,「他本(…)」と伊勢・業平の略歴あり。〈書〉集付・勘物・付注あり,章段冒頭に朱点あり。〈伝〉(印記)「鉄心斎文庫」「弘文荘記」。
原資料請求記号 98-1
解題 現存している最古の『伊勢物語』写本のひとつ。巻末には藤原定家(一一六二〜一二四一)の奥書(根源本第二系統)が記されているが、その後に「他本」として伊勢と業平の略歴を載せている。定家本の成立や性格を考える上で重要な資料となる本。本文の行間には、定家が加えた勘物(注記)が見られるが、それ以外にもさまざまな注記が加えられていて注目される。これらの奥書・略歴・勘物・独自の注記は、『伊勢物語』の本文や内容についての初期の研究成果であり、当時の読解の姿を示すものとして貴重だが、とりわけ独自の注記は定家以外の人物が記したかと思われ、簡略だが興味深い内容を含んでいる。定家の孫で二条家の祖となった藤原為氏(一二二二〜一二八六)の筆と伝えられる。鉄心斎文庫所蔵伊勢物語図録【第1集】。(山本)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元であるROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)へのリンクをお願いします。

提供:ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター