懐宝道中図鑒

道中記。表面には江戸より東海道を経て京・大坂・長崎までの里程と伊勢・大和等の名所巡りの道程、裏面には京より木曽路を下り千住を経て奥州松前に向かう道程がまとめられている。伊勢・大和・大坂・四国の名所巡りについては彩色の絵図が添えられている。長崎から山口・壱岐・朝鮮へ向かう海路を示した絵図もある。

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 33.85 MB)

picture KuroNetくずし字認識サービス

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
DOI DOI: 10.20730/200021757
国文研書誌ID 200021757
統一書名 懐宝道中図鑒
統一書名よみ かいほうどうちゅうずかん
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 諸國順覽/懷寳道中圖鑒 しょこくじゅんらん/かいほうどうちゅうずかん 内||2 諸国要覧/懐寳道中図鍳 しょこくようらん/かいほうどうちゅうずかん 外
出版表連番 書肆 刊年 出版表部編等 1 秋田屋/良助〈大坂〉,須原屋/茂兵衞〈江戸〉 天保11
オープンデータ分類 地理
作品通番 591
親子構造
書誌種別 和古書
コレクションID 3045046
コレクション略称表記 国文研古典籍セ
著作ID 17221
形態 15.2×268.8cm(15.2×7.5cm)
冊数 1帖
注記 〈版〉両面刷,見返しに千鍾房蔵とあり,再刻,出版広告を付す。〈形〉外題は打付書,折本。〈般〉多色刷。
原資料請求記号 49-155
解題 道中記。表面には江戸より東海道を経て京・大坂・長崎までの里程と伊勢・大和等の名所巡りの道程、裏面には京より木曽路を下り千住を経て奥州松前に向かう道程がまとめられている。伊勢・大和・大坂・四国の名所巡りについては彩色の絵図が添えられている。長崎から山口・壱岐・朝鮮へ向かう海路を示した絵図もある。

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元であるROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)へのリンクをお願いします。

提供:ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター