万葉集

『万葉集』は全20巻で、何次かの編集段階を経て、奈良時代の末頃に成立したと考えられています。年代は、ほぼ舒明朝(629-642)から天平宝字3年(759)にわたり、作者は天皇から庶民に及び、約4500首を収めています。いわゆる万葉仮名で書かれているのが特徴です。主な歌人として柿本人麻呂・山上憶良・山部赤人・大伴家持らがあり、上代のみならず日本文学を代表する作品の一つです。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 1304.24 MB)

picture KuroNetくずし字認識サービス

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
DOI DOI: 10.20730/200015542
国文研書誌ID 200015542
統一書名 万葉集
統一書名よみ まんようしゅう
巻数 巻第一〜二〇
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 萬葉集 まんようしゅう 目・尾・外・奥中||2 萬葉 まんよう 奥中
オープンデータ分類 日本文学
作品通番 222
親子構造
書誌種別 和古書
コレクションID 3045000
コレクション略称表記 国文研
著作ID 7341
形態 23.5×16.6cm,半
冊数 20冊
注記 〈形〉外題は貼り題簽,巻第十三と十五が巻をまたいで乱丁,料紙は間似合紙,題簽に金模様入,表紙紺紙金泥模様入,表紙見返・裏見返金地,列帖装。〈奥〉(奥書)「書寫本云/應長元年十月廿五日(…)桑門寂印在判」。〈版〉巻第三の末尾に歌人の略伝あり。
原資料請求記号 カ2-33-1~20
解題 『万葉集』は全20巻で、何次かの編集段階を経て、奈良時代の末頃に成立したと考えられています。年代は、ほぼ舒明朝(629-642)から天平宝字3年(759)にわたり、作者は天皇から庶民に及び、約4500首を収めています。いわゆる万葉仮名で書かれているのが特徴です。主な歌人として柿本人麻呂・山上憶良・山部赤人・大伴家持らがあり、上代のみならず日本文学を代表する作品の一つです。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元であるROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)へのリンクをお願いします。

提供:ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター