武鑑全集

参勤交代アニメーション

日本古典籍データセットで公開する寛政武鑑(1789)の大名家を対象に、参勤交代の時期をアニメーションとして可視化しました。参勤交代の時期は干支で決まっているため、子から亥までの12年間・12ヶ月の移動パターンを繰り返します。参府は江戸への移動、暇は居城への移動を示します。また移動の前月には色が紫に代わり、移動の翌月には色が黄色に戻ります。なお、このマップで確認できない大名家があれば、それは(1)江戸/大坂/京都から移動しない、(2)居城の位置が不明、(3)参勤交代の時期が不明、のどれかと考えられます。詳細が不明なデータが存在しますので、移動数や江戸滞在数は正確な数字とはならない点にご注意下さい。毎年正月には陸地の色がやや明るくなります。海岸線データ:GSHHG - A Global Self-consistent, Hierarchical, High-resolution Geography Database Version 2.3.0 (intermediate resolution)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
武鑑全集」(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター制作) 「日本古典籍データセット」(国文学研究資料館所蔵)を翻案 はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。

ご利用の際には、例えば以下のような表示をお願いします。

「武鑑全集」(CODH制作) 「日本古典籍データセット」(国文研所蔵)を翻案

また可能な場合には、データ提供元である人文学オープンデータ共同利用センターへのリンクをお願いします。

提供:人文学オープンデータ共同利用センター