CODHの概要

沿革

2016年4月1日、情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設(Joint Support-Center for Data Science Research)にて、人文学オープンデータ共同利用センター(Center for Open Data in the Humanities / CODH)準備室が活動を開始しました。また2017年4月1日には準備室がセンターとなり、人文学オープンデータ共同利用センターとしての活動を正式にスタートしました。

北本 朝展がセンター長となり、国立情報学研究所統計数理研究所との共同研究、国内外の人文学研究機関との連携を軸に、人文学オープンデータの共同利用という課題に取り組んでいきます。

情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設

目的

  1. 1. データサイエンスに基づく人文学(人文情報学)という新たな学問分野を創生し、データを中心としたオープン化を推進することで、組織の枠を超えた研究拠点を形成・強化
  2. 2. 情報学・統計学の最新技術に基づき、内容分析に基づく「深いデータ公開」を追究。
  3. 3. 機構間連携や海外機関連携を活用し、日本の人文知を世界に向けて集約、利用、発信。
  4. 4. オープンデータに基づくシチズンサイエンスやオープンイノベーションの実例を一般化。

活動内容

日本語:情報・システム研究機構シンポジウム「分野を超えたデータサイエンスの広がり~自然科学から人文社会科学まで~」における講演資料ポスター関連情報)。

英語:第1回CODHセミナー Big Data and Digital Humanitiesにおける講演資料関連情報)。

メンバー

関連トピック

資料