トラベル

トラベル

江戸の名所を楽しむためのデータとして、江戸周辺の海や山、寺社などを紹介します。

江戸時代に人々は様々な名所を訪れて楽しんでいました。その中には現在も残っている名所もありますが、多くの名所ではその風景はすでに失われています。江戸のどこにどんな名所があったのでしょうか。その問いに答えるため、本サイトでは江戸の名所をリスト化して分類し、江戸観光案内で収集した江戸時代の観光ガイドブックの挿絵を紐づけ、さらに現代地図上での位置を推定することで、江戸の名所を一覧できるようにしました。

ピックアップ

  • Page 856
    travel

    寛永寺

    寛永寺は上野台地全体に広がる大伽藍でした。現在はその大部分が上野公園として整備されています。今日の上野公園と同様に寛永寺も桜の名所であり、多くの挿絵には花見に興ずる人々の様子が描かれています。

  • Page 74
    travel

    江戸見坂

    edomiの名前の由来でもある江戸見坂は、江戸の街を一望できる坂として有名でした。現在では高層ビルに囲まれて町を見渡すことができませんが、港区虎ノ門に残る勾配からは往時をしのぶことができます。

  • Page 27
    travel

    江戸城

    将軍の居所であり、幕府政治の中枢だったのが江戸城です。「千代田城」や「江城」とも呼ばれていました。最初期の案内である『江戸名所記』には、発刊直前に焼け落ちてしまった天守閣の姿も描かれています。

  • Page 662
    travel

    小金井橋

    江戸市街から外れた場所にある小金井橋は、桜の名所として有名です。比較的後期になってから登場する名所で、現在の小金井市と小平市の境に架かっており、江戸観光の郊外への広がりを知ることができます。

  • Page 839
    travel

    神田神社

    神田神社(神田明神)は、今日でも江戸総鎮守として名高い神社です。最初期の案内である『江戸名所記』から登場する名所で、神社の建物のみでなく、江戸市中を練り歩く壮麗な神田祭の行列も描かれます。

  • Page 942
    travel

    浅草寺

    浅草寺は現在と変わらない観光地でした。「志ん橋」(新橋)と書かれた雷門の大提灯は今日のイメージとも合致します。さらに「奥山」と呼ばれるエリアは様々な出し物・興行が行われ、多くの人々が集まっていました。

  • Page 1037
    travel

    待乳山

    歓喜天(聖天)を祭る待乳山聖天は、しばしば単に待乳山と呼ばれていました。浅草寺の近くにあり、今日では浅草七福神の一つとして有名です。江戸時代には、周辺を見渡せる高台としても人気を集めていました。

  • Page 35
    travel

    日本橋

    日本橋およびその周辺の本町は、最初期に整備された市街地の一つで、商業や町人文化の中心として栄えた地域です。にぎやかな魚市場や立ち並ぶ蔵などが挿絵に描かれ、その繁栄ぶりが窺えます

  • Page 909
    travel

    飛鳥山

    現代も花見客で賑わう飛鳥山は、享保期に桜の名所として整備されました。周辺には料理屋も並び、花見の名所として人々を惹きつけていました。整備した徳川吉宗を称える石碑も、ランドマークとしてよく描かれます。

  • Page 68
    travel

    両国橋

    隅田川にかかる両国橋は大橋とも呼ばれ、江戸時代からその巨大さで有名でした。「長さ九十六(四)間」という説明がしばしば書かれます。後には花火の名所としても描かれるようになっていきます。

テーマから探す