宇治拾遺物語

中世は説話の時代と言われるほど、数多くの説話集が誕生します。新時代の到来は、地方や庶民の世界の話に新鮮な興味を呼び起こし、盗賊や大力の女の話など世俗の説話や「こぶ取り」などの民話を語る『宇治拾遺物語』が編まれました。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

picture 日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer)

picture マニフェストファイル(IIIF対応ビューア用)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 33.38 MB)

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
国文研書誌ID 200016401
新日本古典籍総合データベース 200016401
統一書名 宇治拾遺物語
統一書名よみ うじしゅういものがたり
刊写の別
オープンデータ分類 日本文学
作品通番 268
親子構造
書誌種別 和古書
コレクションID 3045000
コレクション略称表記 国文研
著作ID 657
形態 19.8cm
冊数 1軸
注記 〈形〉巻子本,彩色絵入。〈奥〉「行年七十三山澤与平製画」。
原資料請求記号 ヨ1-158
解題 中世は説話の時代と言われるほど、数多くの説話集が誕生します。新時代の到来は、地方や庶民の世界の話に新鮮な興味を呼び起こし、盗賊や大力の女の話など世俗の説話や「こぶ取り」などの民話を語る『宇治拾遺物語』が編まれました。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。

また可能な場合には、データ提供元である人文学オープンデータ共同利用センターへのリンクをお願いします。

提供:人文学オープンデータ共同利用センター