小倉百人一首

貴族文化の和歌が推進された中世の時代、私家集では万葉調の歌を詠んだ源実朝の『金槐和歌集』が名高く、またこの頃、藤原定家の撰とされる『小倉百人一首』も編まれました。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

picture デジタル画像の閲覧(IIIF Curation Viewer)

download デジタル画像とメタデータの一括ダウンロード(ZIP 181.29 MB)

書誌情報(メタデータ)

項目 内容
国文研書誌ID 200013815
DOI 10.20730/200013815
統一書名 小倉百人一首
統一書名よみ おぐらひゃくにんいっしゅ
刊写の別
記載書名連番 記載書名表記 記載書名よみ 記載書名種別 1 小倉百人一首 おぐらひゃくにんいっしゅ 見||2 百人 ひゃくにん 柱
出版表連番 書肆 刊年 出版表部編等 1 和泉屋/市兵衞〈東都〉
オープンデータ分類 日本文学
作品通番 257
親子構造
書誌種別 和古書
コレクションID 3045022
コレクション略称表記 国文研松野
著作ID 119766
形態 61丁,12.2×8.7cm
冊数 1冊
注記 〈般〉他に定家卿小くら山荘の図・子の日御遊の図画・近江八景のぜんづ・兼房夢中に歌道感得の図・三十六歌仙詠色景・六歌せん・和歌三神詠色景・女三十六歌せん絵抄・近江八景ぜんづ・源氏和歌ならびに香の図・六たま川の全図・十二支の□(手ずれ)を付す。
原資料請求記号 54-93
解題 貴族文化の和歌が推進された中世の時代、私家集では万葉調の歌を詠んだ源実朝の『金槐和歌集』が名高く、またこの頃、藤原定家の撰とされる『小倉百人一首』も編まれました。(「書物で見る 日本古典文学史」展示解説より)

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
日本古典籍データセット』(国文学研究資料館蔵)はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。 詳しくはライセンスの説明をご覧下さい。