IIIF Curation Platform

キュレーションというコンセプトを中心に、利用者主導型のオープンな次世代IIIFプラットフォームを作ります。

IIIF Curation Viewerとは?

IIIF Curation Viewerは、IIIFに準拠した画像ビューアです。ページ移動やズームといった一般的な機能に加えて、独自の特徴としてキュレーション機能を備え、世界の多くのIIIF対応サイトから部分画像を収集することが可能です。ソフトウェアは最低限の機能に絞ったシンプルなデザインを採用していますが、プラグインの枠組みを使うことで目的に応じた拡張も可能となっています。

IIIFマニフェストURLを入力して、IIIF Curation Viewerで見てみましょう!

IIIF Curation Viewerの画像

ユニークな機能

世界各国で公開されているIIIF画像を切り取って集め、それを共有する「キュレーション」機能は、IIIFとしては世界で初めての機能です。

拡張可能な設計

プラグインの枠組みやマイクロサービスの仕組みを活用し、必要な機能を選択して組み合わせた構成を作ることができます。

オープンソース

IIIF Curation Platformはオープンソースです。そのまま使うだけではなく、自分の目的に合わせて改良することもできます。

キュレーションとは?

キュレーションとはもともと、あるテーマに沿ってコンテンツを収集し、それを適切な順番に並べて、新たなコンテンツとして提示することを指します。キュレーションとは、既存の要素の新しい組み合わせから価値を生み出す派生的な創作物であり、人々の多様な見方を共有することでコンテンツの新たな解釈を生み出す利用者主体のコンテンツでもあります。デジタル時代の「はさみとノリ」、すなわち画像の一部を切り取り、収集し、並べ替え、保存するという「キュレーション」機能の実現を通して、利用者が価値を生み出す仕組みをIIIF (International Image Interoperability Framework)に作ることが、IIIF Curation Platformの目的です。

キュレーションの例については、顔貌コレクションIIIFグローバルキュレーション日本古典籍キュレーションなどをご覧下さい。

キュレーションの例

インストールから利用へ

IIIF Curation Platformでは、ICPの利用方法をさらに詳しく説明します。

IIIF Curation Platformのデモでは、CODHがデモを提供するICPコンポーネントの一覧を示します。これらのソフトウェアはインストール作業なしに利用できますが、インストールが必要な場合はDockerを活用すると便利です。インストールが実際に必要かどうかについては、ICPのインストールをご確認下さい。

ICPサービスレポジトリでは、ICPサービスの拡張方法を説明します。

IIIF Curation Platformのソフトウェアでは、クライアントコンポーネント、サーバコンポーネント、Dockerを一覧できます。

クライアント

サーバ

Docker

チュートリアル

ICPのインストールや使い方のチュートリアルは以下をご覧下さい。

IIIF Curation Platformのロゴ

ロゴ

IIIF Curation Platformのロゴ(左側)は、キャンバスの一部を囲って部分画像を切り出すという、キュレーションの基本的なアイデアを象徴しています。

IIIF Curation Viewerなどへのリンクにはこのロゴをお使いいただくことを推奨いたします。以下のファイルをダウンロードし、ご自由にお使いください。

[ 16x16 ] [ 32x32 ] [ SVG ]