家主貞良卵(かすてらたまご)

『万宝料理秘密箱 卵百珍』のレシピです。翻刻テキスト、現代語訳、現代レシピの3種類があります。すべてのレシピに翻刻テキストを用意していますが、現代語訳と現代レシピは一部のレシピに限定しています。

レシピ概要

項目 内容
食材分類 卵、小麦粉
主な食材 卵、うどんの粉
調味料 白砂糖、油
主な調理法 とき合わせる、しぼる、焼く
道具 もじの切か布、大和鍋か江戸鍋、行燈の火皿

現代語訳

1 上等の大きな卵18個、白砂糖160匁(600g)、小麦粉8合(1440cc)をよく溶き合わせる。
2 綟(もじ。麻で織った粗い目の布)の切れか布目の荒い布で、①を一度こす。
3 大和鍋か江戸鍋の鍋底に、多めに油を引く。
4 鍋の中に②を入れ、下火を弱くする。
5 上には、行灯の火皿を乗せ、この中に灰をうすく引き、火を入れて焼く(上下から熱を加える。オーブンで代用可)。
6 この方法は、上々菓子の作り方と同じである。

list クックパッド江戸ご飯

翻刻テキスト

1 上々大玉子を 十八に 白砂糖百六十匁 うどんの粉八合入レ 
2 右三品を よくとき合セてもじの切か 布の目のあらきかに入レ 一へんしぼりて 
3 さて大和鍋か江戸鍋かの底へ 油をとくと引右のたまごをいれ 
4 下へ火をよわくして 上に行燈の火皿をのせ 此中へ灰を 一重引 其上に 火を入レ やくべし 
5 此仕方は 上々菓子の仕方に同し

picture デジタル画像の閲覧(IIIF Curation Viewer)

list 書誌情報