銀糸卵

『万宝料理秘密箱 卵百珍』のレシピです。翻刻テキスト、現代語訳、現代レシピの3種類があります。すべてのレシピに翻刻テキストを用意していますが、現代語訳と現代レシピは一部のレシピに限定しています。なお画像一覧からもレシピにアクセスできます。

現代レシピ

海鮮風味の銀糸卵

考案:三ツ星たまごソムリエ友加里

銀箔を、ホタテで代用しました。ホタテは、当時の川柳に「小鍋立て」として食べられている様子がよまれ、主に吉原などで流行っていたそうです。

材料 分量 (2人分)
卵白 2個
ホタテの貝柱(刺身用) 20g
サラダ油 適量
(トッピング)ホタテのひも 適量
(トッピング)大葉 適量

手順

1
卵白とホタテの貝柱をフードプロセッサーに入れる。※ハンドブレンダーやミキサーでも可。
2
全体がよく混ざるまで攪拌する。
3
こし器などで卵液をこして、泡を取り除く。
4
四角いバットを用意し、サラダ油をぬり、クッキングシートをしく。
5
クッキングシートにサラダ油をぬり、卵液を流し込む。
6
バットが半分浸かる程度のお湯をフライパンで沸かし、バットごと湯煎にかけ、弱火で表面が固まるまで湯煎焼きする。
7
フライパンから取り出し粗熱をとったら、丸くまとめて薄く小口切りし、お皿に盛ってトッピングして完成!

コツ・ポイント

卵百珍の湯煎焼きの調理方法でつくりましたが、フライパンで焼いてもOKです。固めた卵の表面が乾かない場合は、500Wの電子レンジで20〜30秒加熱します。

Cpicon クックパッド江戸ご飯のレシピ

レシピ概要

項目 内容
食材分類 卵、その他
主な食材 卵(白身)、銀箔粉
調味料 胡桃油
主な調理法 漉す。湯煎で焼く
道具 半紙、竹の串、平鍋、水仙鍋
主な使い方 膾、二・三の汁、吸物、生盛、小皿物、作魚(つくりみ)の取り合わせ

現代語訳

手順

1 これも生卵の白身と銀箔粉を合わせる。
2 調理方法は金糸卵と同じ。
3 (卵の白身を半紙で濾す。)
4 (濾した白身に銀箔のふり粉を少しずつ入れ、竹串でそろそろとかき混ぜる。)
5 (次に、平鍋に湯をわかし、④を水繊鍋(方形・長方形の薄く平たい鍋)で湯煎にする。)
6 (湯煎する時は、鍋の底に胡桃油を引く。)

翻刻テキスト

手順

1 これも 卵の白味を 銀箔の粉を合 て右金糸卵の仕方に同し

picture日本古典籍画像の閲覧(IIIF Curation Viewer): 画像表示サムネイル表示

list 書誌情報

ライセンス

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
江戸料理レシピデータセット』(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター作成) 『日本古典籍データセット』(国文学研究資料館所蔵)を翻案 はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンス(CC BY-SA)の下に提供されています。

ご利用の際には、例えば以下のような表示をお願いします。

『江戸料理レシピデータセット』(CODH作成) 『日本古典籍データセット』(国文研所蔵)を翻案

また可能な場合には、データ提供元である人文学オープンデータ共同利用センターへのリンクをお願いします。

提供:人文学オープンデータ共同利用センター